闇金相談に強い弁護士・司法書士なら費用面も安心して任せられます。

通常の弁護士費用は、時間当たり数万円等、比較的高額な費用の設定がなされています。
また、一般的に闇金問題は、特殊なスキルが必要で、対応を断る弁護士さんも多いのですが、

 

闇金問題に強い弁護士さんの中には、闇金問題に悩んでいる方の状況を十分理解し、費用面でも特別な対応を取ってくれている法律・法務事務所があります。当サイトではそんな闇金弁護士をピックアップし紹介をしています。

 

当サイトでご紹介している事務所の闇金弁護士費用は、時間制では無く、案件一件当たり4万円~5万円、初回の相談は無料、分割払いの対応など、通常の弁護士が扱う事案とは別の費用の考え方で相談に乗ってくれる、闇金問題に強く、解決実績も非常に多い、信頼のおける闇金問題に強いプロ集団です。

 

初めてのことでわからないことが多いことと思います、闇金問題は、一人で悩まずに、無料電話相談を利用しましょう。

 

闇金弁護士・司法書士の交渉実態のネット動画です。参考になると思います、よろしければ覧ください.。

再生すると音が出ますのでご注意ください (8分56秒)

闇金に強いプロの対応どう思われましたか?

 平成20年6月の最高裁判所の判決によって,高水準の金利だけに限らず,貸してもらったお金(元金)それ自体でさえも、法的には、一切、弁済する必要は無いことが確定しています。

 

「貸金業登録をしないまま勧誘を実施する」「トイチなどの高利の貸し付け」などのヤミ金融の活動は法律違反なのです。

 

経験豊富な闇金関連法律の専門家は、これらの法律を武器に、毎日、闇金業者と戦っています。彼らは、闇金との数百回の交渉をこなし、解決経験を持つ闇金問題のプロ集団なのです。もちろん、難しい局面が出てくる場合もありますが、あなたと一緒に、豊富な経験や知識をフル動員して全力で解決に努力してくれます。取立は即日ストップできる場合も多いですし,返済してしまったお金も取り戻せる可能性もあります。闇金問題に関しては初期の相談は無料で実施してくれます。

闇金業者も、また、交渉のプロです。素人が一人で悩んでいても状況は悪くなるばかりです。闇金被害の問題は、勇気をもって、経験豊富な闇金弁護士に無料相談をしてみましょう。思っていたよりも意外に簡単に解決できる場合が多いものです。

闇金解決に強い弁護士・司法書士の法務・法律事務所はここだ!

闇金解決に強いベスト3の事務所です、いずれも相談無料全国対応ヤミ金への元金支払不要解決費用分割払い可能メール相談24時間受付解決費用四万円~五万円/件闇金専用のフリーダイヤル、を持った解決実績の豊富なヤミ金問題に非常に強い事務所です。

各事務所のフリーダイアルへ、ゆっくりしっかり無料の電話相談をして、納得の行く事務所を選んで正式依頼しましょう。いずれの事務所も親切に相談に乗ってくれます。
RESTA法律事務所 無料相談ダイヤル 0120-730-069

RESTA法律事務所

ヤミ金解決15,000件の実績を持つ、どんな案件にも対応可能な弁護士事務所

解決費用 無料電話相談対応時間
50,000円/件 24時間/365日 年中無休
弁護士 川上三郎

(東京弁護士会 第11514号)
水野 正晴
(第二東京弁護士会 第15165号)

事務所所在地 東京都新宿区新宿1-9-2

RESTA法律事務所公式ページへ

ジャパンネット法務事務所 無料相談ダイヤル 0120-010-649

ジャパンネット法務事務所

債務・闇金問題で評判の良い、経験豊富な闇金が怖がる法務事務所。

闇金解決費用 無料電話相談対応時間
50,000円/件 9:00-21:00 日曜休

代表司法書士 小宮山博之 

東京司法書士会1392号
簡裁訴訟代理関係業務認定501079号

事務所所在地 東京都渋谷区道玄坂1-19-11

ジャパンネット法務事務所公式ページへ

エストリーガルオフィス 無料相談ダイヤル 0120-010-673

エストリーガルオフィス

2014年開設の若い事務所だがお客様の立場に立った親切なサポートが評判。

闇金解決費用 無料電話相談対応時間
40,000円/件 9:30-21:00 平日

代表司法書士 東口 昌弘

大阪司法書士会所属 第3524号
簡易訴訟関係業務認定612367号

事務所所在地 大阪市北区豊崎3丁目4-1

エストリーガルオフィス公式ページへ

ヤミ金問題解決までの流れ

ステップ1 ヤミ金問題解決への無料相談

まずは、ヤミ金問題の現在の状況を電話・メールで、ご相談ください。相談は、何度でも無料です。お客様の状況で、ヤミ金問題の最適な可決方法が提案されます。納得がいかなければ、この時点でのストップも可能です。

ステップ2 受任契約

無料相談での提案にご納得いただけた時点で、ヤミ金問題の解決を正式に依頼する「受任契約」をかわします。

ステップ3 ヤミ金業者への通知

ヤミ金業者に受任を通知します。多くの場合、この時点で取り立てがストップします。これ以降の一切の交渉は、あなたに代わって法務・法律事務所が行うことになります。

ステップ4 交渉・解決

ヤミ金業者と、督促停止および元利金放棄などの完全解決に向けた徹底交渉をし、完全解決をします。

闇金でお金を借りてしまったら

お金に困った場合に知人や家族、友人からお金を借りることができないという場合や誰にも頼りたくないという場合に借りることができる金融機関としては銀行や消費者金融などがありますが、昔に比べると多重債務者を減らすなどの目的から審査は厳しくなっているので借りることができない人も少なくありません。
そこに登場するのが闇金です、審査に通過しないという時点でお金を借りる資格がないということに気付かなければなりませんが、お金に困っている状態に自分が置かれている場合はそこまで考える気持ちの余裕はないので、「少額ならなんとかなる」、「この場をしのげばなんとかなる」、などの軽い気持ちで借金できるところを探す方が多いです。

 

そのような状態でインターネットを使って金融機関を探していると違法金利での貸し付けをしている金融機関に行きつき、お金に困っているという焦りから特に金融機関の情報を調べることなく融資の申し込みをしてしまうことがあります。
この違法金利で貸し付けを行う違法業者こそが闇金になりますが、コンプライアンスなんていう言葉は全く通用しない世界であり、一度でも借りると待っているのは執拗な取り立てや嫌がらせなどで人格崩壊するくらい追い詰められてしまうことも少なくありません。

 

こうなってしまうと情報を放置しても改善されることはないので早めに対策を考える必要が出てきます、闇金対策の方法として弁護士や司法書士に頼るという方法があり、直接的に交渉をしてもらうことによって問題解決ができます。
ただし、いくら法律に対して優れた知識を持っているからと言っても相手は裏社会と繋がりがある業者であるケースも多いので、きちんと闇金対策の実績がある弁護士に依頼しないと問題解決が難しいです。

 

闇金弁護士・司法書士という闇金対策に特化している専門家もいるので、できれば強みを持っている法律の専門家に依頼するようにしましょう。
依頼する場合は当然ながらお金はかかってしまいますが、このまま違法業者に搾取され続けることを考えると依頼料の支払いは惜しいものではありません。

闇金の基礎知識

闇金の基礎知識

闇金とはどんな組織?

お金を借りる場合は銀行や消費者金融が借りる金融機関としての選択肢に入ると思いますが、安定した収入があって他に借金をしてない場合であれば大抵の金融機関は貸してくれるので、審査を受けて通過してお金を借りてからは完済に向けてコツコツ返済を進めて行くことになります。
しかし、中には安定した収入がないという理由や他に借金をしているなどの理由から新規にお金を借りることができない人もいますが、それでもお金がどうしても必要であるという理由からより条件が良いところを探して、法律によって認められてない金融機関に行きついて借りてしまうことがあります。

 

これがいわゆる闇金と呼ばれる違法業者になりますが、違法金利での貸し付けが基本となっているので一度でもお金を借りてしまうと自力では返済することができなくなり、借金地獄に陥ってしまうことも少なくありません。

 

そうならないためにもお金を借りる場合は信頼できる金融機関で考える必要がありますが、もし闇金を利用してしまった場合は闇金弁護士・司法書士に依頼をして問題解決を法的な力を借りて解決していく必要があります。
闇金弁護士・司法書士に依頼するだけでも借金の取り立てや悪質な嫌がらせなどが収まることもあるので早期の対応が、おすすめです。

 

まずは闇金弁護士・司法書士に相談をして解決方法のアドバイスや依頼する場合にかかる費用、期待できる効果などを確認して最終的に、依頼先決めていくようにしましょう。

闇金の違法すぎる金利の設定とは?

闇金が設定している違法金利は、通常ではありえないくらいの高い金利設定になっています。

 

銀行や消費者金融で利用することができるカードローンはいろいろあるローンの中でもっとも金利が高いと言われており、100万円までの借り入れだと金利は15%から20%になるので、これだけでも十分に金利が高いなという印象を受けますが、違法業者の金利になってくると30%から100%を超えるなど法外な金利になっています。

 

法律によって上限金利の引き下げなどが厳しくなっている中で全く逆を行く感じもする闇金ですが、そもそも法律によって認められていない金融機関なので法律に従う気などさらさらなく、どれだけ相手から現金や財産を搾取することができるかどうかだけしか考えてないので金利の設定もこれだけ高くなるというものです。

 

当然ながら安定した収入がかなりないと自力で返済することはできなくなりますが、そもそも闇金は最初から返してもらう気などなく数十万円という金額で餌をまいて、それをきっかけとして貰えるものはすべて貰うというのが基本的なスタンスです。

 

借りたものなので自力で返済しないといけないという気持ちになるのも分かりますが、早めに闇金弁護士・司法書士の力を借りて解決のために行動しましょう。

ブラックリストとの関係

過去に金融機関からお金を借りたことがある人の中にはきちんと返済することができずに最終的に債務整理をしたというケースや金融トラブルを起こしたことがある人もいるかもしれませんが、それから数年後はどれだけ収入が安定しても新規にお金を借りることやクレジットカードを作ることはできなくなります。
これはブラックリストに名前が載ってしまうことが大半の理由になりますが、ブラックリストというのはそれぞれの金融機関が共通の情報として持っているリストのことで、ここに名前が掲載されてしまうと審査に影響するため借りることやカードを作ることができないというわけです。

 

厄介なことに闇金はこのブラックリストを違法なルートで入手する術を持っているので、ブラックリストに名簿が載っている人の情報を見つけて融資の連絡をすることが多く、他にお金を借りることができなくて困っているブラックリスト者が借りてしまうことがあります。
闇金を利用して自力で解決することができない場合は早めに闇金弁護士に相談してどのように対策を進めて行くとよいかアドバイスをもらうことをおすすめします。

 

闇金弁護士の多くは無料相談が可能になっているのでお金がなくてもアドバイスを貰うことができます。

多重債務が陥りやすい闇金の罠

多重債務者の人が闇金弁護士・司法書士に闇金問題の相談で泣きつくという話しは珍しいことではありませんが、多重債務になると新規で銀行や消費者金融からお金を借りることができなくなってしまうので借りる場合はついつい違法な闇金を利用してしまうことがあります。
多重債務になっている状態で既に大きな借金問題を抱えてしまっている状態なのに、さらに闇金を利用してしまっては自分で借金の解決をするのは不可能な状態になってしまいますが、このような状況になってもどこか心の中ではどうにかなると安易に構えている人が多くいます。
早めに問題解決しないと所有している財産がすべて闇金業者に渡ってしまう可能性があるので、傍観しているのではなくできる対策をするための行動を起こしていく必要がありますが、闇金弁護士・司法書士に依頼するという方法がおすすめで、取り立てや催促、嫌がらせなどを止めることができます。

 

多重債務になると借金の返済先が増えることになるので返済金額の負担が直接的に増えてしまうことになりますが、それによって借金を返すことができなくなって新規の闇金から返済するためのお金を借りようとする負の循環に陥ることも少なくありません。

サラ金との相違点

消費者金融のことを昔はサラ金と言っていた時代がありましたが、利用層の多くがサラリーマンだったということが由来となってサラ金という名称が誕生して、一時期はサラ金地獄という名称が使われるくらい利用することによって破綻する人が多くいました。
今ではあまり考えることができますが、この頃はきちんと登録を受けている消費者金融ですら100%を超えるような法外な金利でお金を貸し出していたことがあり、借りて返済することができなくなると執拗な取り立てや催促に遭い夜逃げをする人もいれば自殺をしてしまう人もいました。
しかし、このままではいけないと危惧した日本が法律を変えて取締りを強化したことや上限金利の引き下げを行ったことによって違法金利で貸し出す消費者金融は減り、フリーターや主婦なども利用するケースが増えたことからサラ金という名称も自然消滅しました。
従って、今のご時世に違法な金利の貸し付けを行っているのは間違いなく闇金だと言えます。
闇金弁護士・司法書士に依頼する場合は当然ながらお金が発生しますが、ローン払いなどにも対応してくれるので、まずは闇金からの借り入れを止めるところから考えるようにして、後の事は後から考えるようにしましょう。

いろいろある闇金のタイプ

闇金は昔に比べると減っているものの、インターネットを見ると闇金弁護士も積極的に動いていることから今でも多くの闇金がいることを示唆していますが、法外な金利を設定しており一度でも借りてしまうと自力で返済することが難しいというシステムであるため、利用してしまわないように気を付ける必要があります。
闇金弁護士に依頼する人の中には最初から闇金だと分かっていて利用してしまった自業自得な人から消費者金融との区別がつかないことによって間違って利用して、後から異変を感じて調べると借りていた金融機関が闇金だったというパターンもあります。
いずれにしても違法業者という括りに違いはありませんが、最近はあからさまに違法な貸し付けをしないソフト闇金業者も増加傾向にあり、闇金弁護士に入る依頼の件数も増えている現状があります。
このソフトというのは従来の違法業者と違って法外すぎる金利で設定してこないというのが特徴で銀行や消費者金融と金利の水準を合わせてくることもあり、中には正規の金融機関で借りる方が金利の低い設定にしているところもあります。
ソフト闇金が増えている背景には法律による取締りが強化されたことも理由の一因であると言われており、既存する消費者金融のような形態を取ることによって欺いています。
利用していると次第に金利が高くなることや法外な手数料を請求されるようになるので、違法業者と分かった時点で闇金弁護士に依頼して問題解決を図っていきましょう。